【WordPress】10分でエックスサーバーからMixHostに移転する手順

エックスサーバーで運用中のWordPressをMixHostに移転する手順を解説します。

なかには初心者や「難しいことはわからない!」という方も多くいると思いますが大丈夫。

私自身が最近、エックスサーバーで運用中のWordPressをMixHostに移転する時に、この手の手順記事を参考に行なって、一番分かりやすかったものをさらに改良して、今回超わかりやすく解説します。

所要時間は約10分

サクッとエックスサーバーで運用中のWordPressをMixHostに移転しちゃいましょう。

エックスサーバーとMixHostの管理画面にログインしておく

まず手順を進める前に、エックスサーバーとMixHostの管理画面にあらかじめログインしておいてください。

手順途中で「あっちにログインして、こっちにログインして」というのは混乱する原因になります。

MixHostの準備がまだの方はとりあえず、10日間無料の仮契約ができるのでそちらでOK。

仮契約ならカード情報などの支払い手続きなどもいりません。

MixHostの10日間無料お試し

MixHostはこちら→月額480円からの高性能クラウドレンタルサーバー

エックスサーバーとMixHostの管理画面にログインできたら、サーバー移行を行なっていきます。

 

WordPressのデータファイルを移転元エックスサーバーからダウンロード

まず、移転するWordPressのデータをエックスサーバーからダウンロードします。

FTPアカウントを設定・追加する

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン後、「FTPアカウント設定」を押下します。

エックスサーバーのサーバーパネルでFTPアカウントの追加

 

次に、①中央の「FTPアカウント追加」タブを押下し、②「FTPユーザーID」の欄に「ftpuser」と入力します。

③「パスワード」欄に、パスワードを入力します。このとき、後ほどこのパスワードを使いますので、メモに「☆3」として記録しておいてください。

④パスワードをもう一度入力します。

⑤「確認画面へ進む」を押下。

エックスサーバーのサーバーパネルでFTPアカウントの追加

 

確認画面で「FTPユーザーID」が作成されます。

このFTPユーザーIDも後ほど使うので「☆1」としてメモしておいてください。

メモし終わったら「追加する」を押下します。

エックスサーバーのサーバーパネルでFTPアカウントの追加

 

次に、「FTPソフト設定」タブを開き、「FTPサーバー(ホスト)名」を「☆2」としてメモしておきます。

エックスサーバーのサーバーパネルでFTPアカウントの追加

以上でFTPアカウントが作成できました。

 

無料で日本語OKのFTPソフト(FileZilla)をインストール

次に、FTPソフト「FileZilla」を設定します。

FTPソフトはいくつかありますが、「無料」・「Mac、Windows両方OK」・「日本語対応」の3点を満たす「FileZilla(ファイルジラ)」を使います。

すでにインストールしている方はそのまま。まだの方はダウンロードしインストールしてください。

ダウンロードし終わったら、FileZillaを起動し、FileZillaの画面左上のアイコンをクリックします。

FileZillaの設定

先ほどメモしておいた「☆1〜☆3」までの情報を入力します。

ユーザー(U)」に☆1、「ホスト(H)」に☆2。「パスワード(W)」に☆3をそれぞれ入力してください。

そして、「接続」を押下します。

FileZillaの設定

 

右にファイルがズラリと並んだらエックスサーバー にFTP接続成功です。

まずは「/」の階層なので、「ドメイン名」フォルダから今回移転するドメインを選び、「public_html」とフォルダーを開きます。

そして、下記図のフォルダとファイルを全て選択し、左側へドラッグ&ドロップで移動します。

FileZillaでエックスサーバー からWordPressファイルをダウンロード

 

左側に移動したファイルがコピーされればダウンロード完了です。

FileZillaでエックスサーバー からWordPressファイルをダウンロード

サイトの規模やネットワーク回線の速度によって、数分〜數10分かかる場合があります。

 

エックスサーバーのデータベースをエクスポートする

次に、エックスサーバー 上にあるWordPressのデータベースをエクスポートします。

データベース名を調べる

まず、データベース名を調べます。先ほどダウンロードしたファイルの中の「wp-config.php」というファイルをテキストエディタで開きます。

WordPressのデータベースをエックスサーバー からエクスポート

 

wp-config.phpを開くと、ファイル内に下記の記述がありますので、この赤線を引いた部分がデータベース名です。このデータベース名をメモしておきます。

WordPressのデータベースをエックスサーバー からエクスポート

 

エックスサーバーの「MySQLバックアップ」を使う

エックスサーバーには簡単にデータベースがバックアップできる機能がありますので、それを使います。

エックスサーバーのサーバーパネルから「MySQLバックアップ」を押下します。

WordPressのデータベースをエックスサーバー からエクスポート

 

次に「手動バックアップ」タブを開き、先ほどメモしたデータベース名のデータベースを探します。

そのデータベースを発見したら、右の「エクスポート実行」をクリックします。

WordPressのデータベースをエックスサーバー からエクスポート

 

エクスポートは自動で実行されるので、何もしなくてOKです。

もし数秒たってもダウンロードされない場合は、「ダウンロードする」をクリックしてください。

WordPressのデータベースをエックスサーバー からエクスポート

 

sqlファイルがダウンロードされ、サーバー移転準備は完了です。

 

MixHostでデータベースをアップロードする

今度は、逆の作業をMixHostで行なっていきますよ。

MixHostでドメインを追加

まずは、アップロードする先のドメインをMixHostで設定しましょう。

今までエックスサーバーで運用していたドメインをMixHostで追加します。

MixHostの管理画面から「cPanel」にログインします。

MixHostでデータベースを作成

 

ちなみに、【10日間無料お試し】契約中は上の図のように無料お試しの表示があります。

無料期間中でも、機能に制限はありません。

アドオンドメイン」をクリックします。

MixHostでドメイン追加

 

新しいドメイン名」にエックスサーバーで運用していたドメインを入力します。(例では、当サイトのドメイン)

サブドメイン」「ドキュメントルート」は自動で入力されるので、そのままでOK。

ドメインを追加」をクリックします。

MixHostでドメイン追加

 

これで、ドメインが追加されました。

MixHostでドメイン追加

 

MixHostで新規データベースの作成

MixHostで新規データベースを作成します。

cPanelで「MySQLデータベースウィザード」をクリックします。

MixHostでデータベースを作成

 

ここから、MixHostでデータベースを作成し、先ほどエックスサーバーからダウンロードしたsqlファイルをアップロードしていきます。

新しいデータベース欄に「database_name」と入力し「次の手順」をクリックします。

MixHostでデータベースを作成

 

①ユーザー名に「username」と入力し、②パスワードを設定し、③パスワードを再入力します。
パスワードは自動生成ツールを使って強力なものを作りましょう。

④最後に「ユーザーの作成」をクリックします。

MixHostでデータベースを作成

 

全ての権限」のチェックボックスにチェックを入れ、「次の手順」をクリックします。

MixHostでデータベースを作成

 

これでMixHostに新規のデータベースが作成できました。

MixHostでデータベースを作成

 

MixHostデータベースにsqlファイルをアップロード

先ほど、エックスサーバーでダウンロードしたsqlファイルを、MixHostにアップロードしていきます。

cPanelで「phpMyAdmin」をクリックします。

MixHostデータベースにsqlファイルをアップロード

 

①MySQLデータベースウィザードで、先ほど作成した新規データベースを選び、②インポートタブをクリックします。

MixHostデータベースにsqlファイルをアップロード

 

①「ファイルを選択」で、エックスサーバー からダウンロードしたsqlファイルを選択し、②「実行」をクリックします。

MixHostデータベースにsqlファイルをアップロード

 

これで、MixHostにエックスサーバー からダウンロードしたデータベースファイルをアップロードできました。

MixHostデータベースにsqlファイルをアップロード

 

データベースの参照先変更

エックスサーバーからダウンロードしたWordPressファイルの「wp-config.php」の一部を書きかえます。

ダウンロードしたWordPressファイルのフォルダから「wp-config.php」をテキストエディタで開きます。

MixHostでデータベースの参照先を変更

 

下記の4箇所を、MixHostで新規で作ったデータベースの情報に書き換えます。

書き換え箇所
  • データベース名
  • データベースのユーザー名
  • データベースのパスワード
  • MySQLのホスト名

 

データベース名」「データベースのユーザー名」「データベースのパスワード」は先ほど作成しました。上記で解説しましたが、以下の図で作成したものです。

MixHostでデータベースの参照先を変更

 

MySQLのホスト名」はMixHostでは「localhost」と入力すればOKです。

書き換えが終わったら、上書き保存してください。

WordPressのデータをMixHostにアップロード

いよいよ、WordPressのデータをMixHostにアップロードします。

エックスサーバーからWordPressのデータをダウンロードした時と同じく、FTPソフト「FileZilla」を使ってアップロードします。

このとき、FTPサーバー接続情報が必要になります。

FTPサーバー接続情報は、MixHostから送られてきた「【mixhost】サーバーアカウント設定完了のお知らせ」の中に記載されています。

MixHostのマイページの右上「マイメニュー」をプルダウンで開き「メール履歴」をクリックします。

MixHostのFTP情報

 

その中に、「【mixhost】サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールがあるので、それを開くと、FTPサーバー接続情報が記載されています。

MixHostのFTP情報

 

この情報を見ながら、作業を行います。

FileZillaを起動し、左上のアイコンをクリックします。

FileZillaの設定

 

FileZillaにMixHostのFTPサーバー接続情報を入力します。

ホスト」「ユーザー名」「パスワード」をそれぞれFTP接続情報を参照しながら入力してください。

MixHostにFTP接続

 

接続できたら、左側にあるエックスサーバー からダウンロードしておいたWordPressのデータファイルを右側にドラッグ&ドロップします。

WordPressデータファイルをアップロードする場所は、ルートディレクトリの下の「public_html」のさらに下にある「アドオンドメインで作成したドメイン名」フォルダ内です。

このようにコピーできたら、アップロード完了です。

MixHostにFTP接続

 

ドメインの参照先を変更

最後に、ドメインの参照先を変更します。

現在はエックスサーバーのDNSサーバーを参照するように設定されているはずなので、MixHostのDNSサーバーに書き換えます。

お使いのドメイン管理サイトにログインし、DNSサーバーを変更してください。

mixhostで使用するDNSサーバーは下記の5つです。

mixhostで使用するDNSサーバー
  • ns1.mixhost.jp
  • ns2.mixhost.jp
  • ns3.mixhost.jp
  • ns4.mixhost.jp
  • ns5.mixhost.jp
  • ns1.mixhost.jp
  • ns2.mixhost.jp
  • ns3.mixhost.jp
  • ns4.mixhost.jp
  • ns5.mixhost.jp

下記は、お名前ドットコムで取得したドメインを変更した例です。

お名前ドットコムでDNSサーバーを書き換え

書き換えが終了したら、エックスサーバーからMixHostへのWordPress移転作業は終了です。

なお、DNSサーバーの変更が完全に反映されるまで、最大で72時間程度かかるので、旧サーバーのデータは完全に反映されるまでは残しておきましょう。

お疲れ様でした!